ポケモンファーム、ポケモン育成

ポケモンファーム > 対戦コラム >上げる能力の例

上げる能力の例

努力値について理解していても初めはどの能力を上げればいいかわからないかも知れません
そこでよくある努力値の上げ方性格の決め方を解説します

速攻型

高い攻撃,特攻と素早さを生かして先制で攻撃するのがこの型

ゲンガー、コジョンドなど攻撃,特攻は高いが耐久は低いポケモンはこの型で戦います
先に攻撃されると弱いので性格は素早さが上がるものを使います
攻撃の高いポケモンにはようき、特攻の高いポケモンにはおくびょうにします
努力値も素早さを最高まで上げて、威力も重要なので攻撃も上げます

攻撃が高い場合
攻撃252 素早さ252 HP6 ようき

特攻が高い場合
特攻252 素早さ252 HP6 おくびょう

耐久攻撃型

高い耐久と攻撃,特攻を活かして相手の攻撃に何発も耐えながら相手を倒していく戦法

カビゴンなど耐久と攻撃か特攻は高いが素早さの低いポケモンはこれで戦います
素早さが低く上げても殆んど意味が無いのでHPを上げます
攻撃か特攻を上げて相手を倒しやすくする事も重要です
性格は攻撃の上がるいじっぱりか特攻の上がるひかえめにします
残りの努力値4ですがこれは同種族対策の為素早さを上げておきます

攻撃が高い場合
HP252 攻撃252 素早さ4 いじっぱり

特攻が高い場合
HP252 特攻252 素早さ4 ひかえめ

バランス耐久

防御,特防が両方高く色々なポケモンに対抗できる受けポケモンはこれで戦います

ドータクン,ツボツボなど攻撃,特攻,素早さは低いがHP,防御,特防が高いポケモンはこの型で戦います
防御,特防を上げるよりHPを上げた方が全体の耐久は上がるのでHPを最高まで上げます
防御と特防は低い方を上げた方が耐久が高くなるので同じになるよう調節しながら上げます
性格は特攻を使う場合おだやか,ずぶとい,攻撃を使う場合わんぱく,しんちょうの中から選びます

攻撃のほうが高い場合
HP252 防御=特防(同じになるように調整)わんぱく しんちょう

特攻のほうが高い場合
HP252 防御=特防(同じになるように調整)おだやか ずぶとい

物理耐久型

防御が高く特防は低い場合にこれを使います、物理攻撃の高い相手専用に戦います

エアームドなど防御は異常に高くHP特防はあまり高くないポケモンはこの型で戦います
前作では物理攻撃に弱点が無かったポケモンでも今作では全タイプに物理技があるので戦い難くなった
防御とHPを上げて物理防御力を最大に上げます

攻撃のほうが高い場合
HP252 防御252 素早さ6 わんぱく

特攻のほうが高い場合
HP252 防御252 素早さ6 ずぶとい

特殊耐久

物理耐久を見れば分かると思うので省略します物理の変わりに特殊を上げていけばOKです

ラッキー ハピナス用

ラッキー ハピナスはHPが異常に高く他のポケモンとは違った努力値の上げ方をする必要があります
まず上げるのは防御、種族値は10と低いため努力値の影響が大きいので物理防御が数倍に上がります 残りの努力値は特攻で戦う場合は特攻を上げ、ちきゅうなげやどくどく、でんじはでサポートなどで戦う場合はHPか素早さ

HP252 防御252 ずぶとい
防御252 素早さ252 ずぶとい
防御252 特攻252 ずぶとい

レベル50の場合

レベル50で個体値が偶数の場合は努力値を252ではなく248上げると無駄がなくなります
これは何故かというと50の場合は「個体値+努力レベル÷2」が能力に反映されるので個体値と努力レベル※1の合計が偶数にならないと2で割って小数点以下切捨てで無駄になってしまいます

よくわからない場合レベル50では奇数は252偶数は248上げると覚えてください

※1 努力レベルとは努力値を4で割った数字の事です
注意 簡単にする為実際の能力計算式とは変えていますが結果は同様です

あとがき

努力値の上げ方はここにあるものだけはではありません
他のもポケモンや戦い方に合わせて強い上げ方があるでしょう
色々考えて試して見て下さい






トップへ 戻る